狭小住宅は施工数の多い専門業者に依頼しよう

より良い住宅を建てる

間取り図

住宅建築のポイント

注文住宅を建築する場合には、地域の特性を十分に理解しておくことが重要になります。福岡県内に注文住宅を建てる場合には、圏域によって特殊性がありますので、それを理解することが重要なポイントです。例えば、福岡市近郊に注文住宅を建築する場合には、海に近いという点や福岡空港が近いという点を勘案しておくことが必要です。海に近ければそれだけ湿度が高くなったり、場合によっては潮風をあびることもありますので、注文住宅の建築においては外壁などへの配慮が必要になります。また、空港が近隣にある場合には大きな騒音が予測されますので、窓ガラスなどの防音性には努めておきましょう。また、福岡県の南部のほうでは地盤が軟弱な土地があるかもしれません。これは住宅地の地盤改良をしっかり行えば問題ありませんが、地盤調査が重要なポイントになります。さらに、福岡県の内陸部の地域では、盆地の場所が多く、寒暖の差が大きくなる点を押さえておきましょう。九州といっても冬は雪が積もることもありますし、夏は真夏日が続くこともあります。風通しや断熱性など気候の変化に対応した住宅作りが重要なポイントになります。注文住宅の建築は、オーダーメイドに設計できるところが大きなメリットですから、その地域の風土や気候などを十分に調査したうえで、土地にあった住宅を建築することが重要なポイントになります。特に福岡県のように県域によって大きな違いがある場合には、特に施工会社と相談しておく必要があります。

To Top