狭小住宅は施工数の多い専門業者に依頼しよう

工事関係者とのお付き合い

一軒家

良い信頼関係を築く

寝屋川で新築一戸建ての工事関係者といえば真っ先に大工さんが浮かびますが、家造りには建具、塗装、左官、板金など、それぞれ専門の職人さんが関わっており、総数はかなりの人数に上ります。こうした職人さん達とどうお付き合いをすべきか気になる人も多いでしょう。まず、よくいわれる10時3時のお茶出しですが、住んでいる寝屋川の家の近所ならともかく、現場が遠い場合は過度に気遣う必要はありません。ただ、ご苦労様という気持ちを忘れずに、できる時にさし入れなどをするといいでしょう。現場で分からないことがある時は、素直に聞いてみることが大切ですが、あらを探したり、口うるさくつきまとい作業の邪魔をするのはもってのほかです。施主対職人と構えずに人間対人間として気持ちよく接し、良い信頼関係を築いていくように心がけましょう。その上で、疑問に感じることがあれば納得いくまで話し合いながら、工事を進めていくことが重要です。寝屋川で新築一戸建てが完成し、引越しも無事に済んで落ち着いたら、お世話になった工事関係者を新居にお招きして竣工祝いをするのもいいでしょう。新築一戸建てが完成したからといって大工さんを始めとする職人さん達とのお付き合いが終わるわけではありません。家を長持ちさせるには、寝屋川の新築一戸建てに住み始めてから手間をかけることも大切です。また、ライフサイクルの変化から増改築が必要になることもあるでしょう。そんな時頼れるのが、お世話になった工事関係者の方々です。これまでのお礼と今度のお付き合いに対し改めて挨拶を交わしておきたいものです。

To Top